×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME
クラシックのSACD
ジャズのSACD
ロックのSACD
その他のSACD
SACDとは
リンク



TOP > JAZZのSACD

宮本文昭 「サンクス!」

2007年3月でオーボエ奏者としての演奏活動を終了した宮本文昭。「サンクス!」は最後のスタジオアルバムです。

宮本文昭は18歳でドイツに渡り、北西ドイツ音楽アカデミーに学ぶ。エッセン市立交響楽団、フランクフルト放送交響楽団を経て、ケルン放送交響楽団の首席オーボエ奏者を務めました。2000年から日本に本拠地を移し、サイトウ・キネン・オーケストラや水戸室内管弦楽団などで活躍。
ジャズやポツプスなどの奏者としても活動しており、NHKの連続テレビ小説「あすか」のテーマ曲やCMなどの演奏も手がけています。
アルバムは1974年に「宮本文昭・オーボエの至芸」を発売。1982年にはソニーミュージックから「ドリーミング・ストリーム」をリリースし、以後多くのアルバムを発表しました。

この「サンクス!」はクラシックのアルバムではありません。クラシックと呼べそうなのは「Smile for Her」と「白鳥の歌」ぐらいで、残りの曲はメロウジャズやスムースジャズといえるもの。日本ではヒーリングミュージックと呼んでいる人もいます。
参加アーティストは加古隆、角松敏生、三宅一徳、大島ミチル、S.E.N.S.、鳥山雄司などに娘の宮本笑里と豪華な顔ぶれです。

録音は新しいものの、SACDとしての音質はそれほど良くありません。全体的には「中の下」で曲によって音質にけっこうバラつきがあります。レコーディングスタジオはソニーミュージック以外にワーナー、ビクターなど、いくつものスタジオを使用しており、機材やエンジニアの違いなどが良くない方に影響してしまったのかもしれません。



2006年 SACD HYBRID
STEREO
ソニーミュージック SICC-10035 3,045円


録音:2005年11月〜2006年1月

(曲目)

1. Dawn Flight(featuring 三宅一徳)
2. 明日の記憶(featuring 大島ミチル)
3. Memories of the Past(featuring DEEN)
4. Smile for Her(featuring 朝川朋之&宮本笑里)
5. 白鳥の歌(featuring 加古隆)
6. 朝の祈り(featuring 羽毛田丈史)
7. YOUR DREAM(featuring 角松敏生)
8. Still You(featuring S.E.N.S.)
9. Whisper(featuring 三宅一徳)
10. The Aim&End(featuring 鳥山雄司)




宮本文昭「サンクス!」 SACD