×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME
クラシックのSACD
ジャズのSACD
ロックのSACD
その他のSACD
SACDとは
リンク



TOP > JAZZのSACD

SATOH Masahiko plays TOGASHI Masahiko #2

富樫雅彦の曲を盟友である佐藤允彦のピアノが奏でるという「佐藤允彦プレイズ富樫雅彦」の第2弾アルバムです。収録曲は2002年の「佐藤允彦プレイズ富樫雅彦」(1作目)をリリースした後に、富樫雅彦が書き下ろした楽曲とこれまでレコーディングされたことのなかった曲の中からの選曲されています。

選曲と演奏のコンセプトは1作目が、親しみやすい曲を、おだやかに弾いたアルバムを作り、メロディーメーカーとしての富樫雅彦を広く世に知らしめたいというものでしたが、今回は富樫雅彦の意向もありバラードばかりではなく、スピード感のある曲やフリーフォーム、エレクトリックピアノの使用など色彩の変化も出しているそうです。

このアルバムは最初からDSDレコーディングで録音し、DSDマスタリングで制作されており音の良いSACDとなっています。


2004年 SACD HYBRID  紙ジャケット
STEREO DSDレコーディング、DSDミキシング、DSDマスタリング
イーストワークス・エンタテインメント ewsa-0093 3,000円


(収録曲)


1. I'll Sing For My Friends
2. Sometimes I Feel Lonely
3. Orange
4. I Saw The Midnight Star
5. Everlasting Friendship
6. Dancing In The Dream
7. I Say Cheer Up
8. Twinkling Star
9. Where Am I Going ?
10. The Star Of Al-Alarf
11. Fake Blues
12. The Past Is Beautiful After All





SATOH Masahiko plays TOGASHI Masahiko #2 SACD