×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME
クラシックのSACD
ジャズのSACD
ロックのSACD
その他のSACD
SACDとは
リンク



TOP > JAZZのSACD

チェット・ベイカー 「イン・ニューヨーク」

チェット・ベイカーの「イン・ニューヨーク」です。リバーサイド時代の1958年にリリースしたアルバムで彼の代表作のひとつ。

チェット・ベイカーというとウエストコースト・ジャズを代表するトランペッターですが、ニューヨークまで出向いてアル・ヘイグやポール・チェンバースらと共演した作品で、マイルス?デイビスを意識(対抗心)して制作されたとも言われています。


2005年 SACD HYBRID
Riverside RISA-1119-6


録音 1958年9月 ニューヨーク

(パーソネル)

チェット・ベイカー(tp)
ジョニー・グリフィン (ts)
アル・ヘイグ (p)
ポール?チェンバース (b)
フィリー?ジョー?ジョーンズ (d)


(曲目)

1. フェア・ウェザー
2. ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス
3. ホテル49
4. ソーラー
5. ブルー・ソウツ
6. ホエン・ライツ・アー・ロウ






チェット・ベイカーの「イン・ニューヨーク」 SACD