×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME
クラシックのSACD
ジャズのSACD
ロックのSACD
その他のSACD
SACDとは
リンク



TOP > JAZZのSACD

クレア・マーティン「PERFECT ALIBI / パーフェクト・アリバイ」

クレア・マーティンは現在、イギリスで最高の女性ジャズボーカリストといってもよい存在ですが、まだ日本では知る人ぞ知るという感じのシンガーです。

クレア・マーティンは1967年にロンドンで生まれ、「ロニー・スコッツ・クラブ」などの出演を経て、21歳でLINNレコードと契約してデビュー。その後はBBCジャズ・アワード「ベスト・ヴォーカリスト」など数々の賞を受賞し、その功績が認められ2011年にはOBE(大英帝国勲章)を授与されています。

アルバム「PERFECT ALIBI」は7作目のアルバムで、2000年のリリース。フィービ・スノウ、ジミ・ヘンドリックス、ローラ・ニーロ等のスタンダード・ナンバーをカヴァーしています。2曲目の「Man In The Station」には、やはりOBE受賞者のジョン・マーティンとのデュエット曲。
全体的にはバリバリのジャズでは無く、ブルースやロック、ポップスなどの要素も加えた、いわゆる「ジャジー」な造りとなっています。こういった手法はアメリカやヨーロッパのジャズボーカルでは、ごく当たり前のものですが、日本では不評をかうパターンも多く、クレア・マーティンなどのシンガーが人気の出ない理由となっているのかもしれません。

「PERFECT ALIBI」がSACD化されたのは2008年で、元々の録音は24 bitのPCM録音ですが、DSDミキシングとDSDマスタリングが施されました。LINNレコードのSACDは音質に定評があり、このアルバムも申し分ありません。
またLINNレコードはハイレゾ配信にも積極的なレーベルとして知られ、このアルバムも96kHz / 24 bitのFLACとALACで配信されています。


(パーソネル)

Claire Martin - vocals
Paul Stacey - guitars, keyboards
Jeremey Stacey - drums
Anthony Kerr - vibes
Mornington Lockett - clarinet, saxophone
Luis Jardim - percussion
Arnie Somogyi - double bass
John Martyn - guest vocals(Man In The Station)

2008年 SACD Hybrid デジパック仕様
STERO/マルチチャンネル CD層はHDCD
24bit PCM録音、DSDミキシング、DSDマスタリング
LINN AKD316

(収録曲)

1. How Can I Be Sure
2. Man In The Station
3. Up From The Skies
4. Inspired Insanity
5. People Make The World Go Round
6. Shadowville
7. Strangers Now
8. More Than You'll Ever Know
9. Over By Allenby
10. More Than I Can Bear
11. He's A Runner





クレア・マーティン「PERFECT ALIBI / パーフェクト・アリバイ」 SACD