×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME
クラシックのSACD
ジャズのSACD
ロックのSACD
その他のSACD
SACDとは
リンク



TOP > JAZZのSACD


チャーリー・パーカー 「ナウズ・ザ・タイム」


「ナウズ・ザ・タイム」は、チャーリー・パーカーの代表的なアルバムとして、日本でも人気の高い作品です。VERVE時代のアルバムで、原題は「he Genius Of Charlie Parker, #3 - Now's The Time」。録音は1952年と1953年に行われています。

ある意味、SACDとしての評価は難しいアルバムです。演奏自体はアル・ヘイグ、ハンク・ジョーンズ、マックス・ローチなども参加した名演として名高い訳ですが、音のほうはSACDにする必要があったのかという感じです。これは決して悪い意味で言っているのではありません。

マスタリングはオノ・セイゲン氏が手がけ、モノラル録音のマスターをSACDにするために、DSDでリマスタリングしてあります。レベルをいたずらに調整して楽器を際わださせたり、ダイナミックレンジをつけたりせず、原盤のイメージを尊重した好マスタリングです。

ただ、SACDとなるとアナログ的なふくよかさや、レンジの広さなどいろいろと期待してしまいます。でも1950年代の初めの録音なので、オリジナルのマスターも音が良くないのは、当然の話でSACDにしてこういうものが出てきたら、それは相当にいじったということになります。
オーディオ的に言えば、もともとマスターの情報量が少ないのに、それをSACDという容量の大きい器に入れ直しても量が増える訳ではないので、音はたいして変わらないのです。つまりこのマスタリングのままで、CDを安い価格で出してくれたほうが良かったかもしれません。

ジャズの1950年代のアルバムは、LPレコードの時代からリマスタリングされたものも多く、1990年代以降となるとデジタルマスタリングによってクッキリ、ハッキリした音に直されているものが少なくありません。またモノラル録音のものをステレオ化しているものさえあります。
こういう音に慣れた人たちが聴くと、SACDなのに値段が高いだけで、CDの方が音が良いということになってしまいます。

事実、SACDが発売された初めの頃はそういうことを言う人が多くいました。ジャズファンの場合、クラシックファンと違って、録音とマスタリングを混同している人が多いので、なおさらだったのかもしれません。
またレコード会社もSACD化するにあたって、ことさら音質が向上したように宣伝していますが、これもSACDの誤解をうむ大きな要因となっているかと思います。


2004年
ユニバーサル ミュージック UCGU-7034
MONO DSDマスタリング
SACD HYBRID



(パーソネル)

チャーリー・パーカー(AS)
アル・ヘイグ(P)
ハンク・ジョーンズ(P)
マックス・ローチ(DS)
パーシー・ヒース(b)
テディ・コティック(b)、


(曲目)

1.ザ・ソング・イズ・ユー
2.レアード・ベアード
3.キム
4.キム (別テイク)
5.コズミック・レイズ
6.コズミック・レイズ (別テイク)
7.チ・チ
8.チ・チ (別テイク)
9.チ・チ (別テイク)
10.アイ・リメンバー・ユー
11.ナウズ・ザ・タイム
12.コンファメイション







チャーリー・パーカー「ナウズ・ザ・タイム」 (SACD)