HOME
クラシックのSACD
ジャズのSACD
ロックのSACD
その他のSACD
SACDとは
リンク



ジャズとクラシックのSACD(ソフト)のレビュー

SACDのジャズやクラシック、ロックなどのソフトのレビューです。アルバムの内容の紹介や、オーディオファンには重要な音質の評価などを書いています。

最近のオーディオでは「ハイレゾ」が話題となることが多いですが、SACDとDVDオーディオは、ハイレゾの元祖です。
SACDのオーディオデータは2.8224MHzのDSD(Direct Stream Digital)です。DSDは192kHz/24bitなどのPCMデータに比べると、録音からファイル化までの間に、いろいろな処理が少ないため、音質的には有利とされています。

ハイレゾの配信サイトも当初はPCMのFLACやWAVが主体でしたが、ようやくDSDの2.8224MHzや5.6448MHzが増えてきています。ただソフトの数はまだまだ足りません。SACDは1999年の発売以来、国内で発売されたタイトルだけでも9,000タイトル以上あります。

オーディオ不況も手伝って、一時期はSACDの新譜がゼロなどという月もありましたが、最近は「ハイレゾ」ブームの恩恵か、月に20〜30タイトルの新譜が発売されています。

クラシックのSACD ジャズのSACD

ロックのSACD その他のSACD



SACDの新譜情報 SACDとは

リンク









ジャズとクラシックのSACDのレビュー